AGA治療薬としてのプロペシアの歴史

男性における抜け毛薄毛などの頭髪トラブルは、現在ではAGAとよばれて病気として扱われており、医学的な見地からの実績のあるAGA治療薬が数多く開発されています。
AGAの治療に関するメカニズムは、大きく分けて2つあり、ミノキシジルのように頭皮に直接刺激を与えて血行を良くすることによって育毛を促し、その結果AGAを克服するというものと、プロペシアのように男性ホルモンとそのホルモンのレセプターに影響を与えて、症状を治療してゆくものがあります。

後者のプロペシアは、歴史的に見てゆくと、本来は育毛を促すために開発された薬ではありません。
プロペシアの有効成分フィナステリドは男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストテロンに変化することを防ぐもので、その本来の目的は前立腺の肥大化や前立腺がんに対する処置のためのものです。
薬の開発自体も1990年代からすでに始まっているので、比較的歴史のある薬であるといえます。

AGA治療薬としての歴史は、ジヒドロテストテロンが抜け毛や薄毛などの症状に関わっていることから始まります。
発毛に直接かかわるわけではありませんが、結果的にジヒドロテストテロンの発生を抑えて抜け毛、薄毛などの頭髪トラブルを抑制する効果が見られるので、アメリカ食品医薬品局 (FDA)がAGA治療薬として認めたという歴史があります。

薬の機能としては、AGAの根源的な部分に作用して治療してゆくので、個人差こそありますがとても強力な治療効果を期待することができます。
しかし、強力な薬にはそれなりの副作用があるものです。
プロペシアにも精力減退などの生殖に関する副作用がいくつか報告されているので注意しましょう。