AGA改善にはプロペシアやミノキシジルが効果的

人にとって自分の頭髪が薄毛に見舞われるのは精神的にかなりツラいものです。
中には先代からの遺伝によるものとして簡単に諦めてしまう人もいるようですが、しかし薄毛は適切なケアや治療によって大きく改善できるケースも多く、まずはクリニックなどを受診して、触診や問診などを通じてその症状の原因を突き止めるところから始めることが求められます。
中でも最近特に注目を集めているのが男性型脱毛症という病気。
これは別名AGAとも呼ばれますが、男性ホルモンが過剰な働きをすることで頭髪の成長を著しく阻害する物質を作り出してしまうというものです。

ですが、このAGAは適切な治療を行うことで改善し、再び発毛させることができます。
まず一般的に使われるのがプロペシアという飲み薬です。
プロペシアはフィナステリドと呼ばれる成分を含んだ錠剤で、一日一錠飲むことで速い人は数週間、遅い人でも半年から一年ほど経つと発毛が実感できるようになります。
これを服用すると、頭皮にある5αリダクターゼの2型という酵素が抑制でき、頭髪の成長を妨げるDHTという物質を組成するのを抑えることができるのです。

一方、クリニックではミノキシジルという塗り薬も処方されます。
ミノキシジルとは薄毛を発症した部位に塗ることでその部分の毛細血管を拡張し、より多くの血液を流動させるという効能を持っています。
発毛のためには毛母細胞がそれに見合った栄養分をきちんと吸収できなければなりません。
AGAにかかると頭皮の血行が悪くなりますので、こうやってミノキシジルを使ってきちんと血流が頭皮に届くように環境を整えてあげることが大切なのです。

このようにプロペシアとミノキシジルを使用することで、薄毛は徐々に解消され、いつしか発毛を叶えられることでしょう。