AGA治療の種類とは何があるのか?

AGAとは男性における薄毛や抜け毛などの、頭髪にまつわるトラブルの名前です。
抜け毛や薄毛は外見的な悪影響を及ぼすほか、男性の自信にも大きな関連を持っており、逆にメンタル面の安定がホルモンバランスなどに左右して髪の毛の発達にも影響を与えるので、心と体の両方の釣り合いがAGAの治療にとって重要であるといえるでしょう。

さて、かつては病気として扱われず迷信じみた対処法があふれていた男性の頭髪トラブルへの対処法ですが、AGAという病名からわかるように現代ではきちんとした病気として扱われており、臨床実験などの科学的な根拠に基づいた的確なAGA治療薬の開発が進んでいます。
AGA治療薬の代表格としては、プロペシアやミノキシジルがあげられます。

プロペシアはフィナステリドを有効成分とする飲み薬のAGA治療薬です。
このプロペシアは体内の男性ホルモンとその受容体に影響を与えてAGAの根本的な治療を行います。
男性ホルモンとその受容体の異常を取り除くことによって、男性の発毛促進と抜け毛、薄毛の抑制を行います。
もちろん、プロペシアはホルモンバランスに関与する薬品です。
なので、体調の異変や、稀にですが生殖機能に関連する副作用も報告されているので、使用する眼には医師からのアドバイスを受けるなどの情報集めや、自分の体調も考慮することが大切です。

一方、ミノキシジルはプロペシアとは異なり頭皮の細胞を刺激することによって血行を良くし、その結果育毛を促すというメカニズムの薬です。
ホルモンバランスを利用するわけではなく、血行に作用するだけなのでプロペシアほどの根本的な効果はなくても少ない負担で、それも継続的に利用することができます。
体質によっては、頭皮のかゆみなどの症状が起きることもありますが、症例はごくわずかなので、プロペシアよりも比較的安全に使用できます。
効果をとるか、安全性をとるか。
あなたのニーズに合わせて適切な薬を選ぶことが大切です。

■フィナステリドよりも発毛効果が期待されるデュタステリド
■ハゲ治療に効果のあるプロスカー